CBD Reviews

アメリカの大麻産業

2019年11月3日 世界的な大麻の合法化と産業としての成長が盛んになったことが背景となり、ゴールドラッシュのような状況になっていることからこの名前がつきました。 大麻の中毒性、総合的な毒性は、タバコとあまり変わらない、という話を聞いたことがあります。もちろん細かくは議論が アメリカでは巨大な大麻産業が生まれています。 2019年4月4日 シリコンバレーの首領すらも参入した大麻産業で、人々はどのような地殻変動 アメリカでも10の州で嗜好用大麻が解禁されており、医療用大麻に関して  アメリカを筆頭に大麻消費の一般化がさらに進めば、今後もこうした“大麻  2019年6月10日 背景にあるとみられるのが、カナダやアメリカの一部で、し好品として大麻の合法化が進ん さらに大麻に関連する産業での税収の増加も期待されている。 2019年11月6日 世界の中でも医療用大麻業界のパイオニアとされる米国。 国民主導による市場健全性を優先するような合法化の動きと、産業による税収創出を目指した 

2018年7月27日 全米30州と首都で医療用または娯楽用の大麻が合法化され、カナダは 大麻産業の夜明けに商機を見出したノーザンミシガン大学は、さっそく医療用 

2019年7月6日 そこで、今回はアメリカの中に存在する州で大麻(マリファナ)が合法・非合法な国 もはや、大麻(マリファナ)産業はコロラド州で一大産業となりつつあり、  2018年1月6日 米カリフォルニア州で1月1日、嗜好(しこう)用大麻の販売が合法化された。経済規模で世界第6位の同州で嗜好品としての販売が解禁されたことを受け、  2019年3月21日 昨年カリフォルニア州が娯楽用大麻を合法化したことで、 米国は一気に すでにそれを見越し、今後の産業としての大麻業界の成長に期待する向きもある  2019年9月3日 Amazon が狙う大麻産業への参入と独占 そして、寄付を受け取る団体には、アメリカの大麻合法化活動を 1970年代から牽引して来た活動団体  2019年1月8日 日本は大麻を断固拒絶するが、米国では娯楽用も含めてマリファナ合法化へ向かって Technologies」、マリファナ産業の雇用を促進する「Vangsters」等々、多くの アメリカは、同じような「税収増加」を見込んで、ワシントン州、オレゴン州、  2019年5月8日 医療用大麻は米国のほとんどの州ですでに合法となっており、10州が娯楽用 法はアメリカで産業用大麻を合法化し、豊富な市場機会への扉を開いた。 建国当時のアメリカでは、大麻は重要な たアメリカにとって、大麻栽培は重要な産業 

2019年12月2日 その筆頭であるアメリカの歴史といまを追った『真面目にマリファナの話を に大麻取締規則を、そして産業大麻を規制するために起案された大麻取締法を 

2019年3月20日 アメリカでは2018年、6万4389人の合法マリファナ(大麻)関連のフルタイムの雇用が生まれた。その成長ペースは、他のセクターよりも早い。エネルギー  2019年10月1日 そうやってリーンに始まったVangstですが、2019年1月にはLerer Hippeauなどから1,000万ドルの資金調達を実施。今後伸びていくアメリカの大麻産業  2019年5月7日 成長するマリファナ産業。 日本で大麻は違法薬物として認識する人が大半を占めているだろう。まずアメリカでの現状について説明したい。 アメリカで大麻 

2019年11月6日 世界の中でも医療用大麻業界のパイオニアとされる米国。 国民主導による市場健全性を優先するような合法化の動きと、産業による税収創出を目指した 

2019年6月10日 背景にあるとみられるのが、カナダやアメリカの一部で、し好品として大麻の合法化が進ん さらに大麻に関連する産業での税収の増加も期待されている。 2019年11月6日 世界の中でも医療用大麻業界のパイオニアとされる米国。 国民主導による市場健全性を優先するような合法化の動きと、産業による税収創出を目指した  大麻=悪いもの」という認識はアメリカやカナダでは既に過去のものかもしれない。 最近ではカナダが、医療用大麻に続き娯楽用大麻を合法化することを決定した。